東南アジア最大の 芝草イベント

2024 年3月4日~6日、タイ国パタヤで開催
主催:タイ国ゴルフ場スーパーインテンデント協会

登録受付中 会議スケジュール

3
日間
200
人以上の参加者を見込んでいます
15
カ国を超える国から

世界最高クラスの内容、ネットワーク、そしてエンターテインメント

世界的に有名なリゾートであるパタヤを舞台に、2009年からタイ国ゴルフ場スーパーインテンデント協会が主催してきた芝草会議が復活します。世界中の皆さまのご参加をお待ちしております

ターフ管理関係者、研究者、資材供給業者など芝草に関わる人々が最新の情報を公開共有し、サステナブルなターフ管理を推進する場に、どうぞご参加ください

講演予定者

Speakers

Avatar

Bruce Williams, CGCS

Williams Golf Consulting オーナー兼社長

Avatar

Devon Carroll, Ph.D.

北米 Envu 社のターフ及び景観緑地における雑草管理のためのソリューション開発マネージャー

Avatar

Micah Woods, Ph.D.

Asian Turfgrass Center 所長 PACE Turf 理事

Avatar

Michael Bekken, Ph.D.

Norwegian Institute of Bioeconomy 研究員

2024 年3月4日~6日

3月4日月曜日

時刻内容講演者場所
9:00歓迎の挨拶TGCSA 会長Amari Pattaya 会議場
9:05殺菌剤を減らして病害を抑制する戦略マイカ・ウッズ博士
9:30除草剤、その作用機序:雑草抑制のための要素デヴォン・キャロル博士
10:15休憩ロビー
10:45ゴルフ場のカーボンサイクル:炭素隔離を最大化し、排出を最小限に抑えるための戦略マイケル・ベッケン博士
12:00昼食
13:00水の使用を最小限に抑えて高品質の競技面を作るマイカ・ウッズ博士
13:45抵抗性への抵抗:薬剤による防除の有効性を維持するための戦略デヴォン・キャロル博士
14:30休憩
15:00持続可能なターフ管理に関する芝草フォーラム全員参加
16:00第一日目終了
18:00ディナーパーティーAmari Pattaya プールサイド

3月5日火曜日

時刻内容場所
9:00フィールドデイへバス出発Amari Pattaya ホテル正面玄関
10:00芝草フィールドデイLaem Chabang International カントリークラブ(屋外)
11:30スポンサー各社とのランチとミーティングクラブハウス(屋内)
12:30製品展示とデモ練習場(屋外)
16:00バスでホテルへ

3月6日水曜日

時刻内容講演者場所
9:00成功するスーパーインテンデントの特性ブルース・ウイリアムズ, CGCSAmari Pattaya 会議場
10:00ゴルフ場の用水散水効率を高めるための戦略マイケル・ベッケン博士
10:30休憩ロビー
10:50厄介な芝草のプログラミングと管理デヴォン・キャロル博士
12:00昼食
13:00熱帯型芝草についてすべての管理者が知っておくべきことマイカ・ウッズ博士
14:00質疑応答とディスカッション全員参加
15:00会議終了

登録受付中

2024年度会議の参加お申し込みは Thai GCSA へ

会議内容

芝草セミナー(会場:Amari Pattaya ホテル)+フィールドデイ(Laem Chabang 国際カントリークラブ)昼食(3回)、オフィシャルディナー(1回)、コーヒーブレーク、フィールドデイ開催地への送迎が含まれます。参加費用:12,00バーツ(約50500円)Thai GCSA 会員価格:THB 9,000.

FAQ

よく聞かれる質問を見る…

参加費用は?

参加費用は 12,000 THB (ただし、タイ国 GCSA 会員は9,000 THB)で、この費用にはセミナー参加費、フィールドデイ参加費、フィールドデイ往復送迎費、ウェルカムパック、セミナー受講証明書、ディナー、昼食(3日分)、期間中の休憩時間の飲み物とスナックの代金すべてが含まれます。宿泊はご自身でお手配ください。

お奨めのホテルは?

Amari Pattaya をお奨めします。会議もこのホテルで開催されます。付近には他にも多くのホテルがありますので、ご予算やお好みに応じて自由にご計画ください。

パタヤへ行く方法は?

パタヤはバンコクから車で約 2 時間の距離にあり、タクシー、レンタカー、バスなどがご利用可能です

受講証明書はもらえる?

参加者には受講証明書が発行されます。

参加者はどのくらい?

アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどから、およ 200 人程度を見込んでいます。これまでには、 22 カ国以上からご出席いただいた年もありました。アジア全土および世界各地の芝草管理者との交流を図りたい方にとっては、またとない機会となります。

スポンサー

この会議の後援者となって頂けますか?フィールドデイに製品を展示したりしませんか? お問い合わせ先

お問い合わせは Thai GCSA へ。下記情報をお忘れなく